夢を編み、未来を紡ぎ続けてきた泉州ニット

Senshu Knit Cooperatives since 1956

EVENT


2019 AW ニット商談会のお知らせ

泉州ニット産地を広く知ってもらおうと始めたニット商談会も4回目を迎えることが出来ました。 今回は株式会社島精機...

平成31年度 恒例の春夏ニットセールのご案内

泉州ニット協同組合事務局からイベント開催情報をお知らせいたします。 産地ならではの謝恩会「平成31年度 春夏ニ...

ABOUT US


泉州ニットは、今や全国主要ニット産地の一角を担い、主に婦人用ニットを中心とする産地として発展してきましたが、その歴史は、戦後泉州の地に新しい産業としてメリヤス手編み毛糸製造に始まり、その後横編ニット製品に移行。昭和31年2月には、「泉州毛メリヤス工業協同組合」として創設、共同購入・共同販売や販路開拓など各種事業を展開する中、昭和63年6月「泉州ニット協同組合」に名称変更し、今日に至っています。

産地の位置

大阪府の南部に泉大津市を中心とした泉州地域は、大阪という大ファッション市場と、海外からの玄関口である関西国際空港との中間に位置する利便性に富んだ立地条件のもと、古くから繊維産業が集積し、多くのニッターが分業体制と専門的な技術者が集う国内有数のニット産地を形成しています。

産地の特徴

戦後、泉州の地に新しい産業としてメリヤス手編み毛糸製造に始まり、その後横編ニット製品を作り続け、泉州ニットは、今や全国主要ニット産地の一角を担うまで成長し、多様な消費者ニーズに素早く対応できるニット産地として発展してきました。泉州ニット産地は、紡績工場や糸商、染工場などの関連工場、素材や染色、後加工などものづくりに必要な工程がネットワークされ、あらゆるゲージにきめの細やかな対応ができる個性豊かな企業が立地しています。


GALLERY